過去の津波の痕跡を見ることができます。

3月11日の東日本大震災から10年経った先日、被災の状況や津波の恐ろしさを間地かにテレビで見ることが出来ました。

湿原センターの事務所受付カウンター横に設置されている。湿原から採取した土壌コアが展示されており、浜中町における過去の津波の痕跡を見ることができます。

御承知の通り、十勝沖、チリ地震津波では、本町も甚大な被害と共に尊い人命や財産を失いました。それに勝る、巨大津波の痕跡をこのコアから確認することができます。

帰郷の際は、是非とも湿原センターでこの土壌痕跡を見てください。

そして、湿原センター展望ホールで、雄大で美しい湿原をゆっくり眺め一服してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA