春の火災予防運動期間中です。

4月22日 空に舞う赤いこいのぼり

サンプル

 令和3年4月22日(木)、浜中消防署で古くなった火災予防旗を再利用して作られたこいのぼりが掲げられました。このこいのぼりのきっかけは、元署員の方が多くの人の目に留まるようにと自宅で制作したのが始まりで、それを目にした現署員が、消防署の前でも同様に掲げ、火災予防を啓発することとしたそうです。
こいは、1本の吹き出しと10本のこいのぼりからできており、掲揚は、5月5日の子どもの日までとのことです。

デジカメスケッチアイコン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA